保険契約で領収書が必要になるとき

保険金請求や確定申告

保険の契約中には、保険金の受け取りの際や毎年訪れる確定申告の際などにそれぞれ治療費の領収書や証明書が必要になることがあります。前者については、領収書を必要とする場合の設定が保険会社によって異なるため、契約前に確認しておくのがよいでしょう。確定申告もしくは年末調整については、その年に支払った保険料の額を証明する書面が保険会社から発行されます。

入院や手術を受けたときの保障を受ける場合、主には保険証券や医師の診断書などが必要となりますが、保障金額によってはこれらの代わりとして治療費の領収書があれば問題ないとする保険会社もあります。保険金の請求については保険会社によって規定が異なるため、よくチェックしておきましょう。

領収書や証明書を用いるとき

保険契約において治療費の領収書や保険料支払いの証明書は、下記のように使用されます。また、医師の診断書の発行料に関しても、その分の領収書をもらっておいて治療費と一緒に請求できることもあるため、確認しておきましょう。

・保障金額を受け取るとき
病気やけがなどで治療費の保障を請求する際に、保険証券や医師の診断書と一緒に保障額の請求書を保険会社に提出します。ただし、治療費が比較的少ない場合などは、保険証券を用いずに病院から発行される診断書や治療費の領収書を提出すれば問題ないとする場合もあります。

・確定申告、年末調整の際
確定申告や年末調整の際に、年間の保険料を支払ったという証明書を提出することで、その年の所得から支払った保険料が控除され、結果的に所得税を抑えることが可能になります。この証明書は、保険料控除証明書といった形で保険会社から送付されますから、その書類を確定申告や年末調整の書類に添付します。

保障額の支払に必要なものは保険会社に確認を

入院日数が短かったり、また手術を行わなかったりする場合は、治療費の保障額を受け取る際にその費用の領収書があればよいとする保険会社はありますが、その取扱いについては保険会社によって異なります。保障額を受け取る際にはどのような書類が必要になるか、契約の前によく説明を受けておきましょう。

また、いざ実際に保障額が必要となったときに領収書の提出で問題ないか否かがわからなくなってしまうこともあるでしょう。そのようなときは保険会社に問い合わせて確認を取っておくことをおすすめします。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top