保険加入時の年齢や時期で内容が変わる

保険に入るなら年齢や時期を考慮

保険は、加入時の年齢や加入時期によって、保険料や契約期間が変わってくることがあるのです。そのため、状況によってはできるだけ早い時期に加入しておいた方が、お得になったり、逆にある程度年齢を重ねてから加入した方が好ましいケースなどもあります。

特に、生命保険や医療保険は、加入者の状況によって内容が左右されます。ライフスタイルや家族構成などでも保障の必要性が変わってきますから、保険加入のタイミングは意識しておくのがよいでしょう。

考えておきたい加入時の年齢や時期

加入者の年齢や加入時期は、保険の内容や加入者の負担を左右するものとなります。先々のことを考えて、計画的に加入を考えるべきと言えます。

・年齢が高いと保険料も引き上がる
生命保険や医療保険の場合、加入時の年齢が上がれば上がるほど保険料は引き上げられます。これは、死亡や病気のリスクが年齢によって上がってくるためです。保険における保障の発生は、加入からすぐ起きてしまうと保険会社にとってリスクが大きくなるのです。そのため、一般的には若いうちに保険に加入しておくと負担を抑えることができるとされています。

・健康な時期に加入しておく
前述のとおり、保障が発生する可能性が高い状態は保険会社のリスクが大きくなります。もし保険加入前に健康状態を崩してしまい、病気を持ってしまうと、保険の加入自体が難しくなってしまうのです。少しでも病気リスクが少ないうちに加入して備えておくことも大切です。

家族構成や子供の年齢も左右

加入者本人の年齢だけではなく、保険において重要になるのは家族に対する保障です。医療保険もそうですが、特に生命保険となると、加入者が死亡または高度障害になってしまった際に起こりうる家族の負担を軽減することを考え、保険が必要になります。独身であるより、家族を持っている場合の方が保険加入の重要性は高いと言えるでしょう。

また、子供の教育資金を考えたときにも保険の存在は重要です。子供がまだ学校に通う年齢であった場合、その時期に加入者に万が一のことがあれば学費に支障が出てきます。子供が独立しない時期であるときにも、保険の加入は考慮すべきところとなります。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top