結婚したら家族のために保険の見直しを

結婚は第二の人生のスタート

結婚は、今までの親の加護下にあった子ども時代からの決別です。これまでの独身時代は、仕事についていても、親元を離れて自立していても、自分のバックには必ず親や保護者がいて守られていました。

しかし、結婚と同時に、私たちは「誰かの子ども」ではなく、「誰かの親になる資格」を得ることになります。それは資格であると同時に大きな責任を背負います。これまで私たちを守ってきてくれた親と同じように子どもが安心して暮らせる家庭を築くことになります。結婚は、第二の人生へのスタートラインといえるでしょう。

幸せの絶頂にも生活の足固めを

結婚は、同時に多くの責任を伴っています。愛する人とのこれからの生活を夢見ることは、当然です。しかし、その一方で地に足のついた生活の守りとして保険の加入、またはこれまで加入していた保険の見直しをしましょう。

これまで自分のために稼いでいた収入も、家族のためのものになります。そのため、いざケガをしたり病気をしたりして、働けなくなったら、莫大な治療費がかかったら、家族みんなが困ることになります。

保険は、そんな時の家計を助ける手立てとなります。専業主婦(夫)になる場合でも、安穏とはしていられません。家庭が主婦を一時的にでも失ったら、幼い子どもたちや家族の生活は立ち行かなくなります。それを補うためにも保険は必要となるのです。

家族を持つことへの自覚として

独身時代に加入していた保険も、見直しが必要となることがあります。これまでは、自分を守るためだけに必要だった保険が、家族を守るために大切なものとなるでしょう。いざという時に、残された家族が不足なく暮らしていけるための保険金額の見直し、子どもの誕生や成長などのライフステージに合わせた保険料、保険金額の調整が可能なものなど、家族中心の保険の選択を心掛けてください。

これまで親たちが自分に与えてくれていた安心感を自分の家族に与えられるように、そして健康な時はもちろんのこと、そうでない時も家族を支えられるような存在にならなくてはいけません。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top