一部保険と超過保険を理解する

一部保険とは何か

損害保険において保険金のかけ方には、いくつかの種類があります。その中の一つに一部保険があります。一部保険とは、補償の対象になるものの価額よりも保険金額を少なく設定する保険を指します。例えば火災保険に加入するとして、時価2000万円相当の建物があったとします。しかしその半分に該当する1000万円分だけを保険にかけることも可能です。補償金額が少なくなる分、保険料も安くなって、日々の保険料支払い負担を軽減できます。しかし実際に損害が発生した場合に、全額の補償の受けられないことも覚えておかないといけません。

例えば上で紹介した事例の場合、火事を起こして全焼したとします。この場合、通常であれば時価2000万円相当の保険金が受けられます。ところが1000万円しか加入していない場合には、全焼して建物が完全に失われても半分の1000万円しか保険が下りないわけです。支払う保険料が安くなるのは魅力ですが、いざというときに十分な補償が受けられなくなるデメリットを加味したうえで加入を考えましょう。

超過保険とは

一部保険は被保険対象物の価値すべての保険をかけない商品を指します。実はその真逆で、契約時に設定された保険金額が保険の対象の目的物の実際の価値よりも高い保険もあります。このような商品を、超過保険といいます。先ほどの事例の場合、時価2000万円の住宅に対して3000万円とか4000万円の保険金額をかければ、超過保険となります。しかし本来超過保険にしても、実際に対象物の価値を超える補償を受けることはあり得ません。

保険の原則の中に、利得禁止の原則があるからです。これは契約者が保険金を受け取ることで損害額を超える、すなわち利益を享受するのを禁じるルールです。そもそも保険の目的は損害補償にあります。その趣旨に反しているわけです。もし超過保険で保険契約を締結したとしても、超過部分は無効とされます。つまり得することはないわけです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top