保険を選ぶ際には複数のポイントを検討する

保険を選ぶときに考えるべき点

保険選びをする時には、多角的に検討する必要があります。まず保険は自分にもしものことがあった時に、当面生活に困らないだけのお金を受け取るための商品です。そこでどの程度の保障額が必要かを検討しないといけません。

そのためには、自分の家計の見直しをしてみることです。おそらく皆さん多少なりとも貯蓄をしているはずです。この貯蓄を当面の生活費に回すことも可能でしょう。またサラリーマンなどの場合、休業していてもある程度の給料の支払いも受けられるはずです。

一方で普段生活するためにどの程度の費用が必要になっているかを検討しましょう。当面必要とされるお金から自分で賄えるお金を差し引いた額が、保険によって保障を受ける必要のあるお金になります。

保険選びをする時に保険料の安い所で比較する人も多いです。確かに毎月負担するお金ですから、保険料も比較ポイントにはなります。しかし保険料にこだわり過ぎて、いざ補償が必要な時に、対象外で保険金が受け取れないようであれば本末転倒ですから注意しましょう。

保険は見直しも必要

人生の中でターニングポイントはいくつかあります。そのターニングポイントを経ると、生活環境が一変することも考えられます。結婚すれば家族ができますし、子どもが生まれれば養うべき人が増えます。

このようなターニングポイントを迎えたときに保険の見直しをしましょう。ライフステージによって、保険に求める内容も変わります。

例えば独身の場合自分に何があっても、大きなお金を残す必要はありません。しかし結婚・出産を経て家族ができれば、家族が当面生活できるようなお金を保険で準備しないといけません。

このようにその時々で自分に合った保険は変わってきます。保険に最初に加入するときに商品選びを慎重に行うのはもちろん大事です。しかしその他にも時々保険の見直しをして、その時点で自分に最適と思われる補償内容に変えることも重要です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top