保険解約する際のテクニック

解約はするものである

保険に加入していて、見直しをしてみたところ他にもっと魅力的な商品があったとします。その場合には今加入している保険を解約して、別の商品に乗り換えましょう。しかしここで問題になるのは、スムーズに解約できるかという問題です。保険会社としても大事なお客さんを失いかねない大問題ですから、何とか翻意できるようにいろいろと説得するはずです。この時「面倒そうだ」と思って先送りにしないことです。1か月先送りにすれば、1か月分の保険料を余計に支払わないといけなくなります。

銀行の定期預金の解約の場合、どちらかといえば「こちらがお願いして解約してもらう」といったニュアンスがあります。しかし保険の場合、「解約させるもの」だと思って下さい。解約すると決めたのであれば、相手が何を言ってきても毅然とした態度で臨むことが大事です。

担当者が無理そうなら

まず代理店の場合担当者に話をしましょう。ここでもしかすると担当者にいろいろと慰留されるかもしれません。解約されると自分の業績が下がるわけですから引き留めようとするものです。もしここで話が進まないようであれば、保険会社の本社サービス窓口に話を持ち込みましょう。実はこのサービス窓口に話をするとスムーズに手続きが進みます。

一部保険会社の中には窓口にマニュアル化された解約防止折衝があるかもしれません。しかし「解約します」と態度を明確にすれば問題なく進むはずです。担当者のようにもし解約手続きをしてもそれはその担当者にとってマイナスの成績にはなりません。自分に直接影響がないため、無理に引き留めるのではなく事務的に淡々と手続きを進めます。

解約すると決めたのであれば、多少時間がかかってもその日に解約手続きを完了させることです。強い意志を持って対応すれば、慰留が多少あっても最終的には解約してくれるはずです。今は口コミサイトもありますから、下手に粘って悪い評判を書き込まれるくらいなら解約した方が良いからです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top