高額な治療費や長期治療にも対応できるがん保険

がん治療へのさまざまな保障

日本人ががんにかかる割合は高いものとされ、国立がん研究センターの調査では生涯のうちで実に2人に1人はがんにかかるとされています。がんにかかる確率は高いものですが、その治療は総じて長期化することが多く、さらに手術となると先進医療や保険適用外の治療なども施されることがあります。結果、治療費は高額に跳ね上がってしまうのです。

このようながんにかかってしまったときのためにあるのががん保険です。他の医療保険と違い、がんの治療に特化した保険であり、高額な治療費が必要になったり、長期にわたる治療を余儀なくされたりするときに心強いものとなるのです。

がん保険の主な特徴

がんの治療は、費用負担、治療期間ともに他の疾病とは一線を画す病気です。がん保険は、この点をカバーするために他の医療保険と比べて下記のような面に特徴を持ちます。加入を考えている方は、大まかにでも把握しておきましょう。

・入院保障日数に制限がない
多くの医療保険では、入院に関する保障がなされる場合に保障日数に60日や120日といったように上限が設定されています。しかし、がんの場合は入院治療を長期的な目で見る必要があり、悪化や再発の可能性もある疾病です。そのため、がん保険では入院保障期間に関して上限を設けていないことがほとんど。加入すれば、がんに関する治療に対して費用面で安心できるでしょう。

・猶予期間の設定
がん保険特有のシステムとして、加入時からしばらくの期間は保障額が何割か引き下げられる猶予期間が設けられているという点が挙げられます。これは、保障額が目的でがん診断が出されてから保険に加入するといった手口を防止するという考慮によるものです。したがって、加入後すぐにがんが判明した場合には、保障の満額は受け取れません。契約時にはこの点についてきちんと確認をしておきましょう。

先進医療特約などの詳細をチェック

がん治療においては、手術などの場合に保険が適用されない先進医療を駆使して行われることもあります。こうした技術を用いることで難しい手術や再発を極力防ぐことができるケースもあります。一方で、手術費は高額に跳ね上がってしまうことは否めません。

そこで、保険会社の用意する先進医療特約に注目しましょう。もし、高額な手術代が必要なときも保障の対象とすることができ、公的保険の適用されない治療方法であっても有効であれば、費用面を気にせずに治療に専念ができるようになります。もし、がん保険に加入するのであれば、この特約についても検討しておくべきです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top