公的保険に加入しているから民間保険は必要ない?

公的保険と民間保険

よく「○○生命」「○○の自動車保険」といった具合に、いろいろな保険商品がコマーシャルなどでも宣伝され、販売されています。このような保険は絶対に加入しなければならないものではなく、民間の一企業が販売しているため、「民間保険」といいます。

一方で企業に勤めている人は会社の保険組合に加入しているでしょう。フリーランスや自営業者として仕事をしている人は、国民健康保険に加入しているはずです。国民皆保険制度のもと、日本人は何かしらの保険組合に必ず加入しており、このような保険を「公的保険」といいます。

保険料の違い

公的保険も民間保険も加入すれば、保険料を負担する義務があります。この保険料をどう算出しているかですが、公的保険と民間保険とでは違いがあります。

民間保険の場合、保険を受けるリスクをベースに保険料を算出します。年齢や性別、病歴、職業などを見て保険が必要になる確率を割り出し、それぞれに見合った保険料を決めていきます。

一方公的保険の場合、それぞれの所得に応じた保険料になります。保険料の決め方の基準が異なるため、保障内容に違いが見られます。

公的保険で賄いきれない所を民間でカバー

公的保険の場合、国民が最低限の生活を送るための制度の一環として機能しています。リスクの高い人で保険料が高くなると、保険料を毎月支払えなくなるケースが出てきます。そのような事態を回避するために、収入に応じた額となっているのです。

公的保険は所得によって保険料に差があります。しかし受けられる保障内容は基本一律です。ただし程度によっては、公的保険の保障だけでは不十分なケースも出てきます。

そこで民間保険が出てくるわけです。民間保険はリスクに応じた保険料設定になっているので、保険料を多く支払えばより充実した保障を受けられます。保険料が少しかかるものの、公的保険で賄いきれない所をカバーするために民間保険は必要といえます。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top