営業マンにそそのかされて契約…クーリングオフは可能?

保険とクーリングオフの関係

保険に加入するにあたって、保険外交員に勧められるがままに申し込んでしまうケースが多くみられます。しかし契約したはいいけれども、「この保険は本当に必要だったのか?」と思う人もいるはずです。保険の場合、クーリングオフと言って一定期間以内であれば、こちらから一方的に契約解除が可能です。保険の場合、契約してから8日以内であれば無条件でクーリングオフによる契約解除ができます。ただしクーリングオフの出来ないケースもありますから、約款などを呼んで確認することです。

またクーリングオフをわざわざしなくても、口頭で契約取り消しできるケースもあります。例えば申し込みをして1~2日程度なら、審査や事務手続きの時間もあるため、契約成立していないケースもあります。保険会社によって違いがあるものの、少なくても3日、長ければ2週間程度申し込みから契約成立まで時間がかかります。契約成立していないのであれば、口頭で取り消しの連絡を保険会社に行うことも可能です。クーリングオフの場合、書面による交付が一般的なので口頭による取り消しができるのならその方が楽です。

クーリングオフできないケース

クーリングオフは、訪問販売のような営業マンが急に押しかけてきて、購入するかどうか冷静に判断する間もなく契約してしまった場合に適用されます。保険でも営業マンが自宅などに押しかけて契約した場合には利用できますが、自分から店舗に赴いた、通販型保険のホームページにアクセスして申し込んだのような契約に対して積極的な姿勢の見られるケースはクーリングオフの適用外になります。

ちなみにその他でクーリングオフ適用できない事例には、保険会社の指定する医者の診査を受けたうえで契約した場合、法人や社団が契約をしているケースなども適用外となります。さらに保険期間が1年以下の場合にも、クーリングオフは利用できないので注意しましょう。契約するときに注意喚起情報と呼ばれる書面が発行されているはずですから、そこで内容をチェックしてから手続きを進めた方が良いです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top