万が一のときに備える死亡保険

死亡時の保障がある保険

死亡保険は、生命保険の中でも、万が一死亡してしまったときのために備える保険です。加入者が死亡してしまったとき、遺族にかかる負担を極力減らすことを目的とするもので、葬儀を出す際にかかる費用や残された遺族がこれから暮らしていくための足掛かりとなる生活費を保障します。

死亡保険の契約や掛け金や保障に関しては、支払われるタイミングや金額によって保険会社から商品やプランが用意されています。自分たちのライフスタイルや年齢などに応じて選ぶのが一般的です。

死亡保険の種類

死亡保険には、主に下記のような種類があります。

・定期保険
保険料を支払う期間が決められており、期間満了まで決まった額を支払い続けるものです。保障額が発生するのは契約期間中であり、その期間内に死亡した場合に保障を受けることができます。契約期間は一定で切れてしまいますが、満期の際に更新が可能です。解約した場合、返戻金もない場合がほとんどですが、その分期間内の保障が手厚くなるのが特徴です。

・終身保険
生涯にわたって保険料を支払い続けるもので、保証期間は一生涯となりますから、実質死亡した際には必ず保障額を受け取ることができるようになっています。月々の保険料は一定になっていることがほとんどで、長い目で見て確実に保障を受けたい方に向いていると言えます。解約返戻金も発生し、掛け金を無駄にしてしまうことがありません。

これらの形に加え、その形が派生した収入保障保険や定期保険といった形があります。

ライフスタイルや年齢に合わせて選ぶ

死亡保険は、契約する年齢や契約期間、また死亡後にどのような保障を受けたいかといった内容で選ぶのがよいでしょう。また、保障額についても考えておきましょう。自分の死亡後に遺族に必要な額とは、家族構成によっても変わってきますから、それぞれの状況や家族構成が変わるたびに見直すことも必要です。

また、毎月の保険料に関しても現在の収入の負担にならないような計画をすることが大切です。現在のライス不タイル、また将来的なライフプランに合わせて選びましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top