知っておきたい指定代理人請求制度について

指定代理人請求制度とは

医療保険や生命保険の特約などで保険金を受け取る場合、保険の契約時に指定した受取人本人が請求を行う必要があります。しかし、何らかの理由によって本人からの請求が不可能と判断された場合は、指定の代理人によって請求することが可能です。これが指定代理人請求制度です。

大きな病気やけがを負ってしまい、受取人の意思が確認できなかったり手続きを行うことができなくなってしまったりする場合に、この制度は有益なものとなります。また、がんなどの際にその病名や余命などを本人に伝えていないなどの場合にも適用されるものです。その他、保険会社がこれらの条件に準ずる状態であると判断したときに、代理人の請求が有効となります。

代理人の指定と保険料支払い免除

指定代理人請求制度においては、その代理人は誰でもよいわけではなく、ある一定の範囲内から指定することとなります。また、保険料支払いの免除の手続きを代理人が行うことも可能です。

・代理人の範囲
指定代理人請求制度の適用に際して指定する代理人は、受取人と戸籍上で配偶者、または直系の血族であることが第一に挙げられます。その他、受取人の3親等内の親族関係にあって、さらに生計を共にしている場合、もしくは生計を共にしていて親族と同等の関係と保険会社が認めた方は代理人として指定することができます。

・保険料の支払い免除
上記の範囲内で指定された代理人は、保険金の請求以外にそれ以降の保険料の支払いを免除する手続きも行うことができます。保険金受取の手続きが行えない状態であれば、それ以降の収入も見込めず保険料の支払いが難しくなっている状態であるとも考えられます。そのため、保険料支払い免除が必要です。

契約途中でも指定が可能

保険を新規で契約した時点でこの指定代理人請求制度についての代理人指定を行っていなかったとしても、この制度の適用が受けられるのであれば契約途中でも指定できます。保険会社によっては、特約の形で適用されているため、保険会社に確認してみるとよいでしょう。

新規契約の前に確認の上で代理人を指定する場合はもちろん、途中で指定する場合にも受取人本人の同意は必要となります。適切と思われる代理人を指定し、配偶者や親族以外の方の場合は、保険会社の判断の上で指定代理人を設定することができることを覚えておきましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top