貯蓄と保険の違いから見た保険のメリット

貯蓄は三角形・保険は四角形

貯蓄と保険はいずれも資産運用のアプローチの手法です。しかし両者には異なる特徴があります。よく形状に例えられて、貯蓄は三角形であるのに対し、保険は四角形といわれます。貯蓄の場合、時間の経過とともに順調であれば、徐々にお金が貯まり元利の合計が増えていきます。このため、経過時間と元利合計をグラフ化すれば、三角形になります。しかし保険の場合、経過時間に関係なく契約が成立した時点でもし保険の中で保障されている項目に該当する事態に遭遇すれば、保険金が満額支払われます。このため、経過時間と保険金額をグラフにすると四角形になるわけです。

家族がいて、自分が一家の大黒柱だとします。もし自分の身に何かあれば、残された家族の生活はどうなるか不安な人もいるでしょう。貯蓄ができればいいのですが、限られた収入の中から生活費をねん出しないといけません。子どもがいれば将来の教育資金も必要でしょうし、マイホームを住宅ローンで購入したのならローンの返済もあり、なかなか貯められない人もいるはずです。そのような時にもしものことがあっても当面家族が生活できるような資金を確保するためにも、保険に加入するのは賢明な判断といえます。

貯蓄型保険の活用

年金システムが危ういなどといわれているため、老後の生活資金に充てられるように貯蓄をある程度しておかないといけないということもしばしば指摘されています。しかし人にはいろいろなタイプがあって、コツコツ貯蓄できる人もいれば、入ってきたお金をパッと使ってしまって、なかなか貯蓄できない人もいます。後者の場合、貯蓄型保険で資産運用する方法もあるでしょう。

貯蓄型保険とは、保険料を積み立てていって一定の時期が来れば返戻金が手に入る保険商品です。しかも死亡や入院などで保険金も支払われます。毎月強制的に保険料として徴収され積み立てられますから、自分で貯蓄できない人でもある程度の老後資金を貯められるわけです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top