万が一働けなくなったときの就業不能保険

働けなくなったときに備えた保険

もし何らかの原因で働けなくなってしまったとき、収入がなくなってしまえば、自分どころか一家の生活に支障をきたしてしまいます。そのような事態に備えられるのが就業不能保険です。

働くことができなくなる状態とは、例えば事故や病気で後遺症があらわれてしまい、体を動かすことができなくなったり長期療養が必要になったりするようなパターンが挙げられます。こういった不測の事態では、毎月の生活費はもちろんのこと、ローンや教育費などの心配も発生するでしょう。就業不能保険は、このような支出の不足分を補うことができる保険なのです。

就業不能保険の概要

万が一働くことができなくなり収入を得られないと判断されれば、就業不能保険の加入によって生活費などの支出分を補てんしてもらえます。この保険の概要を下記に挙げます。

・就業不能状態が一定期間続いた後に発生
多くの就業不能保険では、病気やけがなどで就業できなくなった時点から一定の期間を置いて保障金が支払われるようになっています。長期的に就業ができない状態にある上での支給が条件となるためで、その期間は保険会社の商品によって異なっています。

・就業不能の条件
就業不能保険において、就業不能とみなされる条件とは、ただ単に働けなくなっただけでは満たされません。保険会社ごとに設定された一定の条件をクリアしていることが前提となります。例えば、医師の診断によって入院もしくは自宅療養を余儀なくされ、どのような仕事もできない状態が数ヵ月にわたって続くと判断された場合といったようなものです。

公的保障を広くフォローする

例えば就業先で社会保険に加入している場合、傷病手当を受け取ることができます。しかし、給付される期間は非常に短く、長期的に後遺症をもたらしたり動けない状態が続いたりするときには不十分なものとなるでしょう。

就業不能保険は、働けなくなった状態の収入を保障するものですから、本来は働けているであろう期間中は保障を受けられます。例えば、多くの企業が定年としている65歳までといったように保障期間が設定されていますから、長く働けなくなったときにも安心です。保険によって、内容は変化しますので保険会社毎のプランをチェックして最適な物を選びましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top