積立保険と掛け捨て保険ではどっちがいいの?

掛け捨てと積立の特徴

保険は大きく分けると、積立型と掛け捨て型の2種類のタイプに分類できます。積立型とは毎月支払う保険料の一部を積み立て、一定の期間払い込みをすると、解約した時に支払った保険料の一部が返戻金として戻ってくる保険を指します。一方掛け捨て保険とは、保険料を毎月支払いますがこのお金が積み立てられず、保険を途中で解約するとか、何も保障内容に該当する事象が起きずに満期になった時などに、一切お金が戻ってこない保険を指します。掛け捨て保険は、保障に特化した商品であるのに対し、積み立て保険の場合保障に加えて貯蓄の要素も併せ持った保険といえます。

積み立て型の保険が最近注目されています。ずっと保険料を支払って、定年のころに解約もしくは満期になれば、返戻金が受け取れるからです。この返戻金を一種の年金のような感じで受け取れば、老後の暮らしにも余裕が出ます。少子高齢化の進む現在、自分が高齢になった時には年金がもらえないかもしれない、もらえたとしてもかなり額が少なくなっているかもしれないと不安に感じる人も多いです。そこで自分の老後は自分で何とかするとして、このような積み立て型の保険に加入する人が増えているのです。

掛け捨て保険は損?

掛け捨て保険は保険適用されないとただお金が出ていくだけで、積み立て型保険はどのようなケースでもお金が多少手に入ります。こう見ると、積み立て型の保険の方がお得ではないかと思う人もいるでしょう。しかし一概にはそう言い切れない所があって、積み立て型の場合積み立て部分のお金を余計に支払わないといけなく、保険料は割高になります。安い保険料でしっかりとした補償を受けたいのなら、掛け捨て保険も魅力的です。

もし給料をパーッと全部使ってしまってなかなか貯蓄できない人であれば、積み立てで強制的に貯蓄できる保険を選んだ方が良いでしょう。でもコツコツ貯蓄できるのであれば、割高な積み立て型でなくても、掛け捨て保険に加入しても問題はないはずです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top