損害保険の免責に注意

損害保険の免責を理解する

火災保険や自動車保険をはじめとした損害保険では、免責条項の付いている商品が多いです。責任を免れるという文字からもわかるように、通常補償対象の損害が発生すれば保険会社は保険金を支払います。ところが一定の条件であれば、補償対象の損害が発生しても保険金を支払う義務のないケースも出てきます。

例えば自動車を所有している人が、免責5万円の車両保険に加入していたと仮定します。その人が自動車を運転しているときに、不注意でガードレールに自動車をぶつけたとします。車両保険に加入していれば、自動車の修理費用は保険金で賄えます。しかし免責5万円の車両保険だと、5万円のみ自己負担となります。

例えば修理代として20万円かかった場合には、5万円差し引かれた15万円が保険金として支給され、残りの5万円は自己負担という具合です。免責金額に関しては、保険加入者が自由に設定できます。免責金額が大きくなればなるほど、保険料は安くなります。ただしいざ保険金が必要な時に、適切な補償を受けられなくなる可能性もありますので、免責金額と保険料のバランスを考えないといけません。

免責金額のカスタマイズ

免責金額に関してですが、保険会社やプランによって多少の違いがあります。しかし一般的には免責なしから10万円までとしているものが多いです。免責金額を考える場合、もし損害が発生した時にどの程度までなら自腹で対応できるかを考えてみることです。住宅ローンや子どもの教育費などで出費の多い人は、想定外の経済的負担を避けるためにも免責ゼロも検討すべきです。

また火災保険は、火事以外にもいろいろな住宅に降りかかる災害の補償に対応しています。台風や雪害、水害といったものでも補償が受けられます。地域によって災害リスクが高い低いがあるでしょうから、免責金額もそのような地域特性も考慮に入れて決めると良いでしょう。ただし保険の中にはセットになっていて、免責金額を自分で決められない商品もありますから注意しましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top