離婚時に必要な保険の手続き

離婚と保険の手続き

離婚をした時には、公的な手続きもありますが、銀行口座の名義や引き落とし口座の変更などの細々とした民間の契約の手続きもあります。非常に煩雑で面倒な作業ですが、後々困らないためにも早めに終えておくことが必要です。

生命保険などに加入していた場合には、これらの手続きも必要となります。さらに、離婚の際に内容の取り決めについても決めておくことが大切となるでしょう。

夫婦でお互いに保険金受取人としていた場合には、その受取人の変更、または保険の変更などが必要です。子どもがいれば、学資保険の支払いなども関係してきます。

死亡保険金を受取る保険では、受取人を子どもや自分の親兄弟にするなどの変更、学資保険では子どもを引き取る側の支払い、祝い金の受取りに変えるなどの手続きが必要となります。これを変更しないままで放置することで、再婚した後の支払いが、前妻、前夫になるトラブルに陥る可能性もあるためです。

離婚してから考える保障

離婚すると、自らが世帯主となり、子どもを引き取った場合には、いざという時の備えとして、子どもの生活保障が必要となります。大黒柱として、働けなくなった時の収入保障や医療保険なども見直したいものです。

しかし、共稼ぎだった頃に比べ、また子どもを抱えての就労による収入減などで、必要な金額をたっぷりと保険にかけるわけにもいかなくなってしまうかもしれません。そのため、支出を減らすためにも、最適な選択肢が他にもないのかと考えてみることも必要となるでしょう。

生活と保険のバランスを

生活費と保険にかけられる金額や、どのような保険を重視すべきかを検討するために、相談に乗ってもらえるサービスが保険の総合代理店の窓口です。複数の保険会社の代理店として多くの商品を扱い、公平な立場から、そしてプロの目を通して必要な商品を選ぶことができます。

収入に見合っており、継続して保険料を払い続け、いざという時に子どもたちが困らないちょうどよいバランスを見つけて、新しい生活の支えとしましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top