自分以外の車を運転するときにドライバー保険が安心

自動車を借りて運転するときの保険

運転免許は持っているものの、自分では車を持っておらず他者から車を借りて運転するといった方のために用意されているのがドライバー保険です。知人の車を運転する機会があるとき、レンタカーを借りて運転するとき、また自分が勤めている会社の社用車を運転するときなど、自分の所有ではない自動車を運転する際には加入しておくと安心です。

ドライバー保険に加入することによって、借りた自動車で何らかの事故を起こしてしまったときにも内容に応じた補償を受けることができます。自分の車でない分その責任は重大となりますが、ドライバー保険があれば自動車の所有者にも十分な補償ができ、自分自身の負担も大幅に軽減できます。

ドライバー保険の補償とは

借りた自動車にかけられた保険ではなくドライバー自身が保険に加入することで、自動車の所有者への負担を防ぐことができます。その内容とは以下のようなものです。

・人身事故を起こしたときの相手自身への賠償
人身事故によって相手が死亡もしくは負傷してしまったとき、相応の金額を補償するものです。補償額の上限は無制限になっていることが多く、相手に負わせてしまった損害に相当する全額を補償することが可能です。

・自動車や周辺の物に対する賠償
相手の自動車への破損、また周辺の建造物などの破損といった場合にもドライバー保険の内容によって補償することができます。これも上限額は無制限とされていることが多いため、大きな損害を与えてしまったときにも安心です。

・自分自身への補償
借りた車を運転している自分自身が何らかの傷害を負ってしまったときにも補償が可能です。この場合の補償額や内容は制限されていることが多いため、確認が必要です。

保険料の設定や対象外のパターン

ドライバー保険では、多くの場合加入者の年齢によって保険料が割安になっています。主には21歳がボーダーラインとなっており、21歳未満の場合と21歳以上に分かれます。一般的に21歳以上の方が保険料が安く済むケースが多いです。

また、ドライバー保険の補償の対象外になるパターンが存在しており、例えば配偶者や親族が所有する自動車であった場合、また法人の所有車であっても加入者が法人の役員である場合などには、ドライバー保険での補償を受けることができないとされています。この点については、保険会社によってもさまざまな条件があります。加入時には、どのような契約内容なのか数社で見積もりをとってみることが大切です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top