保険加入で新社会人としての自覚を

生命保険は社会人の証

就職して、社会人として新たなスタートを切った人たちにとって、生命保険というのは、あまり身近なものとして感じられないかもしれません。しかし、社会人になったら、自分のためにも、未来の家族のためにも、保険の加入を考え始めましょう。

保険商品にはいろいろありますが、若い人たちにとって生命保険や老後の蓄えの要素を持った商品など特に実感が持てないものもあります。しかし、入院やケガなどの時に役立つ医療保険など、自分にとって身近に感じられるものもあるはずです。

保険は見比べて決める

保険商品は、それぞれの保険会社が作っています。そのため、数ある保険会社それぞれが特徴と魅力を打ち出しており、一つ一つが違います。医療保険ひとつ取ってみても、保険料の金額から、入院、通院など保険金の出る範囲などのサービス内容などどれも同じものはありません。

そのため、実際に保険に入ろうと思ったら、同じような商品をいくつも見比べて決めることが必要なのです。特にまだ保険に入ったこともなく知識もない若い世代であれば、尚更、まずはいろいろな知識を身につけて、保険がどのようなものなのかを知っておくことが大切。複数の保険会社の商品を見比べるためには、いくつもの保険会社から資料を取り寄せる必要はありません。複数の保険会社の商品を取り扱う代理店で調べることができます。

将来の自分のために

保険は、今「健康」である人が入ることで、将来のトラブルを回避するためのものです。今は若く健康である人は、いつまでもその健康が続くように感じます。しかし、ケガや病気は予測できず、誰に襲いかかるかわかりません。そんな不測の事態に、慌てないために保険があるのです。

将来家族を持つことになれば、尚更です。病気になれば、働けず生活に困ります。それに加えて治療に掛かるお金も馬鹿にできません。自分が健康でなくなった時に、家族がお金で苦労しないために、安心して治療などに専念するためにも保険で備えておく必要があるでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top