保険の相談に欠かせないファイナンシャルプランナーの存在

ファイナンシャルプランナーはお金のプロ

保険ショップなどに保険についての相談を行う際、保険料が安かったり、通り一遍の提案しかしなかったりというスタッフよりは、相談者の現在の状況や将来の展望までを考えた上で細やかな提案をしてくれるスタッフの方が心強いはずです。こうした相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナー(以下FP)は、相談者それぞれのニーズに合わせて提案ができる資格。FPへの相談は、政界への近道とも言えます。

FPの役割とは、資産運用やリスクなどのアドバイスをはじめとして、それぞれの方に合ったライププランの提案などもします。つまり、保険に関しても資産として長い目で見たプランニングが可能ですし、ライフプランの検討にもつながる有用な手段となるものといえるでしょう。

保険ショップ在籍のFPの仕事

FPは本来資産運用などを幅広くアドバイスできる資格、もしくはその資格を持った方を指しますが、特に保険ショップにFPが在籍している場合の仕事や利点などは下記のようになります。

・それぞれのライフプランを検討して提案
FPの仕事は、単に保険商品を販売するだけではなく、相談者がどのようなライフスタイルを持っているか、また将来的にどのような計画を立てているかを考え合わせて適切なプランニングを行うことです。保険ショップにはさまざまな方が訪れ、それぞれの状況や計画を持って相談されますから、その1人1人に合った提案をしてくれるのです。

・多くの保険商品を扱うため知識が豊富
例えば1つの保険会社に専属しているとしたら、自社商品を売ることに特化してしまいがちです。こうした特定の保険会社の営業という位置ではなく、保険ショップのFPなら幅広い知識と目線でさまざまな商品の提案が可能となります。

親身になって複数のプランを提示してくれるFPを

保険ショップの利点は、複数の保険会社の商品を比較検討できるところです。その利点を最大限に生かして、FPもさまざまな会社の商品やプランを提示してくれる方の方が信頼できると言えます。ただ単に利益になることだけではなく、相談者がいろいろ見比べた上で決められるような幅広い提案をしてくれるFPなら安心というわけです。

ある商品を勧められる場合でも、同等の保障内容を持つ他の商品ときちんと比較できるように提示し、その対比の上で勧めることはFPに求められる姿勢でもあります。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top