火災で負った損害を補償する火災保険

建物や家財に対する補償

万が一、自宅が火災にあってしまうと、住居はもちろん家財にも甚大な被害を受けてしまいます。そのために備える保険が火災保険で、建物や家財に対してかけられる保険で、自身が負傷した場合には適用されないのが特徴です。

火災保険と一口に言っても、その内容にはさまざまな災害が想定されていることが多く、単純に火元から発火するもののほかに落雷や爆発、また風雨や雪といった天候によって被害をこうむった場合も対象になっていることがあります。

補償の対象ごとに保険をかける

火災保険では、住宅に関しては補償の対象が建物と家財となります。つまり、火災保険は建物と家財それぞれに保険をかけることとなるのです。それぞれの範囲とは以下のようになります。

・「建物」に含まれるもの
火災保険における補償において、建物に含まれる範囲には若干違いがある場合もありますが、主には建物の基礎、屋内の各種設備、塀や門などは基本的に建物として考えられます。ただし、庭の植栽や、敷地の中にある物置など以外の建物に関してはこの範囲に含まれないことがほとんどです。

・「家財」に含まれるもの
火災保険における家財とは、この言葉だけではイメージしにくいものです。主に考えられる家財とは、住宅の中にある家具、または衣類など生活に必要とされるものは家財として考えられます。その他、保険の特約の内容によって高額な貴金属や現金、通帳なども家財に含まれる場合がありますが、保険内容そのものには含まれないことが多くあります。

契約内容はよく確認しておくこと

前述のとおり、火災保険においては建物と家財のそれぞれに保険をかける必要があり、それぞれの範囲も保険会社の商品によって異なる場合があります。そのため、火災保険に加入する際は建物と家財のどれを補償するものか、またどこまでのものが補償されるのかを確認しておくことが大切です。

また、保険の特約の内容によって補償の範囲が広がり、さらに多くのものに関して保険をかけられます。保険会社毎の特約についてきちんと確認をして、トラブルに対して安心できるような契約内容が選べるよう比較検討していくことが大切です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top