保険で配当金が発生する際の仕組みとは

配当金とは

各種保険において、契約した時点で保険料を設定する際に用いられる予定率をもとに、実際の支払い金額との間で剰余金が発生したときに手元に配当金が分配される場合があります。

保険の種類によっては配当金がある場合とない場合があり、その旨は契約時に明記されます。配当の仕組み自体にも種類があり、また配当金を受け取る方法もいくつか用意されています。それらは保険商品によって異なるため、契約時に確認しておきましょう。配当金の受け取り方によっては、その先の保険料支払いのやりくりや保険金受け取りの際に有利になることがありますから、ライフスタイルや保険の特徴によって選ぶのがよいでしょう。

配当金の仕組み

保険における配当金とは、その仕組みや受け取り方法にいくつかの種類があります。

・配当タイプ
保険料を設定する際に用いる予定率には、予定死亡率・予定利率・予定事業費率の3つがあります。これら3つそれぞれと実績の差を計算した上で剰余金を配当するものを3利源配当タイプと呼びます。それに対し、予定利率について実績との差を産出して剰余金を配当するものは利差配当タイプと呼びます。
これらの配当には、毎年や3年ごと、5年ごとなどの設定がなされており、保険会社や商品によって異なります。

・受け取り方法
配当金の受け取り方法もいくつかの方法があり、これも商品によって設定が異なります。主なものとしては積立の方式でそのまま保険会社に預けておき、保障が発生した際に保険金と一緒に受け取れる方式が挙げられます。その他、保険料の支払い金額と相殺する方法や、配当金で別の保険契約の一時金とする場合、さらに現金で受け取る方法もあるので、自身の契約内容や場合によっては保険会社への確認を事前に行っておけば、いざという時にトラブルを回避できるでしょう。

有配当と無配当の保険料の違い

保険の種類には、配当金が発生する有配当と配当金がない無配当のものがありますが、これら2つを比較してみたときに、保険料は有配当の方が割高にはなります。保険料算出の際に用いる予定率は変動するため、一概に無配当保険で抑えられた保険料より有配当保険の配当金が上回るなどという計算はしにくいものです。

そのため、どちらがよりお得になるかという判断は一概にできませんが、将来的に保障が発生したときに少しでも上乗せがある方がよいと考えるなら有配当を選ぶと安心です。保険料の負担を少しでも抑えたいと考えるなら無配当を選ぶのもよいでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top