貯蓄と保障をひとまとめにできる積立保険

生命保険における積立保険とは

生命保険や損害保険といった保険には、いずれも積立保険という形が存在します。積立という名称があるということはそれ以外の形も存在するということで、それはいわゆる掛捨保険と呼ばれるものです。

生命保険の話をすると、契約者が病気やけがなどの状態に陥った場合、もしくは死亡や高度障害となった場合に保障額が支払われますが、解約時の返戻金に関しては発生するものとしないものがあります。ここで解約返戻金が発生するのが積立保険と言うことができ、毎月または毎年支払っている保険料が積み立てられ、保障金もしくは返戻金に反映されると考えてよいのです。

積立保険にはどのようなものがあるか

生命保険における積立保険とは、以下のようなものが該当します。

・終身保険
一生涯にわたって保障が受けられるため、死亡した時点で契約が終了し、死亡保障金が給付されることとなります。保険料の支払いも終身にわたって行うか、期間を設定するかを選べますが、その期間に支払った保険料が積み立てられることになります。

・養老保険
この保険では保障期間は限定されていますが、満期になった際の保険金が支払われるのが特徴です。このため、より貯蓄性の高い保険と言うこともでき、老後のための資産運用としても活用できます。解約返戻金も発生し、保険料として積立したものがいずれかの形で手元に返ってくることになります。

金利を利用して増やすことも可能

こうした積立保険では、貯蓄として利用することができるようになっているため、そこに金利が発生します。保険料の支払い方法や払込期間によっては金利が大きくなる可能性があり、満期保険金もしくは解約返戻金となって手元に戻って来るときには、金利分が上乗せされる場合もあるのです。

金融機関の貯蓄に比べるとそう大きな率ではありませんが、貯蓄に加えて保障をつけることができると考えると、資産運用と将来の保障が一本化できるのは便利な面であると言えるでしょう。ただし、保険の契約内容によっては必ずしも積立額を増やすことができるとは限らず、特約の内容によっても異なるため、契約前に詳細をきちんと確認しておくべきです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top