火災保険の2つの柱の1つが家財保険

家の中で所有するもの全般に補償を

住宅にかける保険として必須とも言えるのが火災保険です。その中で家財保険は住居と並んで補償を受けておきたいのが家財と言えるでしょう。そのための保険が家財保険です。

火災保険をかける際は、その商品によって家財のみの補償もしくは建物のみの補償と分かれていることがほとんどです。加入者は必要に応じて家財か建物のいずれかに保険をかける、もしくは両方を補償する保険に加入するといった方法を選ぶことができます。家財保険に加入しておけば、建物の保険だけではフォローできない部分の補償を受けることもできるため、併せて加入しておくことをおすすめします。

家財保険の概要

火災保険の中で、家財保険とはどのような部分を補償するものなのかなど、その概要を下記に挙げます。

・家財とは何を指すか
家財保険の中で家財とは何を指すのかは重要なポイントです。これは保険会社によって異なる場合がありますが、大まかに言えば住宅の中の動産全般となります。具体的には、家具や家電品、さらに衣類やバッグなども含まれます。火災保険の中で建物しか保険をかけていない場合は、これらの家財においては補償が受けられないこととなりますので、別途で家財保険への加入が必要です。

・高額なものは明記が必要なことも
数ある家財の中で、ある一定の額を超える価値のある高額なものに関しては、あらかじめ明記しておくことを求められます。また、こうした高額なものに関しては保障が制限されていることが多いため注意が必要です。保険商品によっては、高額家財を幅広く補償できる特約がつけられるものもあるためチェックしておきましょう。

火災以外の災害には注意

家財保険は、その名前で商品として販売されているわけではなく、火災保険の一環とされるものです。そのため、火災によって家財に被害を受けた場合はもちろん補償されますが、その他の災害では補償できるか否かが異なってくるため、その内容にも注意しておくのがよいでしょう。

多くの火災保険では、火災の他に天候によるものや爆発、盗難なども補償範囲に含んでいますが、地震に関しては補償の対象外とされることが多くあります。その場合、地震特約などといった形で補てんするか、新たに地震保険に加入するかといった方法をとるべきです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top