保険に必要な保険料・無理なく支払うには?

世帯月収の3~6%を目標にする

保険に加入すれば、保険料を負担しないといけません。保険料は毎月発生するものが多く、家計を圧迫しない程度で、且つ必要な保障の付くようにしたいところです。

生命保険文化センターが調査したところによると、毎月の払込保険料は以下のようになります。
・年収300万円未満:月額1.45万円
・500万円未満:1.63万円
・700万円未満:1.75万円
・1000万円未満:2.05万円
・それ以上:3.06万円
となります。この計算に基づくと、世帯月収の3~6%が保険料の目安になります。

ただし保険料だけでなく、保障内容も考えないといけません。保険料が安くなれば、その分カバーできる保障内容も狭くなります。保険料を安くできても、補償が受けられないのであれば意味がないので、両者のバランスをどううまくとるかが重要なポイントです。

割引制度の活用

保険料を少しでも安くして節約したいと思っているのであれば、割引制度を活用することです。保険会社としてみれば、保険を使うリスクの少ない人の保険料を安くして、リスクの高い人の保険料を高くして、公平性を保つ必要があります。

例えば生命保険や医療保険の場合、タバコを吸わない人には割引を適用するケースも多いです。喫煙習慣がなければ、病気に罹患するリスクの少なくなることは証明されているからです。

その他にも自動車保険の場合、安全装置がついていると事故を起こしても自動車の中にいる人のダメージは限定的になります。このため保険料の割引対象になりえます。保険に加入するときにはこのような割引が適用されるかどうか確認してみるといいでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top