生前贈与で保険活用する手法

保険の生前贈与

せっかく保険に加入して保険料を負担するのであれば、少しでも自分に有利なように活用したいと思っている人も多いでしょう。この場合おすすめの方法として、保険の生前贈与の方法があります。保険の生前贈与のメリットを理解するためには、まず贈与のシステムを頭に入れましょう。

子どもや孫に資産を贈与すると贈与税の対象になります。しかしこの贈与税ですが、年額110万円までであれば非課税になります。そこでまず贈与税の非課税枠いっぱいの110万円を子供や孫の口座に移します。そして子供や孫名義で終身保険や個人年金保険に加入します。もし贈与者が死亡すれば、死亡保険金が支払われますが、これは相続財産扱いにならないので相続税の負担を軽減できます。もし納税資金が不足したり、教育資金など現金が必要になったりしたら解約すればいいわけです。そうすれば時期によっては解約返戻金が発生して、現金を多少手元に残すことも可能になります。

保険の生前贈与の注意点

保険の生前贈与によって、大きな節税効果が期待できます。しかし贈与するにあたって注意すべきポイントもあります。まず基本的に従来の贈与と同じ条件を満たさないとならない点です。簡単に言うと贈与を受けた子どもなり孫なりが、その贈与を認識していることです。具体的にどう対策をすればいいかですが、贈与契約書を作成することです。しかも毎年贈与契約書を作成し続けると有効な証拠になります。

その他には贈与者が生命保険料控除を受けていないことです。この両方の条件を満たしていないと、贈与と認められません。現在子どもや孫への教育資金1500万円までは贈与税の対象外にするなど、国を挙げて生前贈与を後押しする雰囲気が出てきています。教育資金の生前贈与の場合、教育機関の領収書を提出しないといけないなどの手続きが必要ですが、保険活用の生前贈与は面倒な事務的手続きはありません。手軽に贈与税対策したい人にはおすすめの方法といえます。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top