公的年金をさらにサポートする個人年金保険

公的年金だけでは不安な方のために

現在の日本においては、国民年金や厚生年金などの公的年金制度が設けられ、定年を迎える年齢にほぼ匹敵する65歳から年金を受け取れるようになっています。しかし、その金額はこれから生活していくのに十分なものではないこともあります。こうした公的年金のサポートを行う役割を果たすのが個人年金保険です。

個人年金保険は、民間の保険会社が販売している保険商品の1つです。数ある商品の中で、年金と同様の使い方ができるように内容を設定してあります。ある一定の年齢まで、もしくは一生涯にわたって年金を受け取ることができるため、公的年金と合わせてよりゆとりのある老後を過ごすために役立つこととなるでしょう。

個人年金保険はどのようなものか

老後の年金として利用できる個人年金保険は、下記のような仕組みが主となっています。

・払込期間と受取期間
個人年金保険では、公的年金の仕組みと同様に、加入してからある一定の年齢までの払込期間が設定されます。そしてその後に年金の受取期間が設けられ、その期間中に継続して年金が支給されるわけです。その受取期間は10年や20年のように限られていることもありますし、一生涯となることもあります。

・年金の受け取り方
保険金の払込が終了した後の年金の受け取り方法はいくつかあり、老後の計画によって選ぶことができます。受取期間が設定されている確定年金、一生涯にわたって受け取れる終身年金のほか、受取期間が来ると一時金として受け取る形にすることも可能です。

死亡した後の遺族への保障

個人年金保険の中で確定年金の形を選んだ場合には、期間中に契約者が死亡した後にも契約終了まで遺族が年金を受け取れるようになっています。期間は限られますが、しばらくの間の生活は保障されると考えてよいでしょう。

ただし、終身年金などの場合には契約者の死亡の時点で年金の支払いは終了となります。また、契約期間が限定されているものの中でも契約者の死亡によって年金の支払いが終了する有期年金もあります。これらの違いは保障額の違いと言うこともでき、受取期間が決まっているものの方が保障が手厚くなっています。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top