住宅購入で働き盛りの保険を考える

住宅ローンと住宅購入

住宅の購入は非常に大きな買い物で、現金で一括購入をする人はごくわずかです。そのため、住宅購入には長期間にわたる住宅ローンの問題が立ちはだかります。

住宅ローンには団体信用保険というローンの契約者の死亡などによってそれ以降のローンをカバーする制度があります。それをもとにして、これまで入っていた保険の見直しをすることができます。住宅購入によって支出が増えるため、保険料の出費に関してもシビアに決断していく必要が出てきます。

住居費を考える

住宅購入にあたってローンを組む契約者は、多くの場合にはその家庭のメインの働き手となります。家計の収入の主となる人は、一方で一番高い保険金をかけていることが多くなります。

保険金額は必要保障額をカバーしていることが必要です。必要保障額というのは、働き手が亡くなった時に残された家族が生活していくために必要な金額のことです。

その内訳としては、住居費、生活費、教育費などですが、その中で住居費は、住宅を購入している分必要なくなります。

たとえローンの途中で亡くなったとしても、住宅ローンを組んだ時の団体信用保険でカバーされて、ローンの支払いの必要はなくなるためです。つまり、これまでの必要保障額から住居費は減らすことができるのです。

働けなくなった時のために

住居費の削減で、保険料を減らすこともできますが、その一方でケガや病気などで一家の働き手が長期間働けなくなった時の保障が必要となります。団体信用保険の内容にもよりますが、多くの場合には長期療養などではローンの支払いを免除されることはありません。

そのため、住宅ローンの途中で長期療養を余儀なくされた場合のローン支払いや生活費の確保が必要となります。ましてや住宅購入やローンを組む世代の多くは働き盛りで一番収入も多い分、子どもの成長などで支出も多くなる時期です。その時期の収入減は家計を圧迫し、家族の生活を脅かします。

保険を見直す場合には、削れる部分をさがすと同時に、働き盛りのローン返済者が働けなくなった時の保障も考えておく必要があります。収入保障のある商品をさがしたり、保険料を削減したりした分の家計の余剰金の積立、預貯金など総合的に考えて、備えておくことが大切です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top