保険会社が破たんした場合の保険契約はどうなる?

原則保険契約は引き継がれる

保険を販売している保険会社は、民間の企業です。このためほかの会社同様、経営破たんとか倒産する可能性も十分考えられます。実際過去に保険会社が破たんした事例はいくつかみられます。ここで問題になるのは、もし自分が加入している保険を販売している保険会社が経営破たんした場合です。この場合、原則保険契約そのものが無効になることはありません。保険契約者保護機構というところがあって、契約者保護をします。保護機構には国内の保険会社が加入しています。この保険会社のうちいずれかが引き継ぐ形になります。

もし救済してくれる保険会社が現れた場合、倒産した会社の保険契約はこちらに移転されます。保護機構はこの救済した保険会社に資金援助を行って、サポートをします。ところが救済してくれる保険会社の現れないケースもあるでしょう。日本経済が全体的に低迷しているときには、なかなか他のところをサポートする余裕がどの会社にもないためです。その場合には承継保険会社を保護機構の子会社として発足させるか、保護機構が自ら契約を引き取る形を取ります。

継続されても不利になる可能性

保険契約そのものは、上で紹介したように何らかの形で引き継がれます。ただし契約内容に関しては見直される可能性がありますから注意しないといけません。責任準備金削減と予定利率が引き下げられることで、保険金額の減少の可能性が出てきます。定期保険や医療保険の場合、あまり影響は大きくありませんが、終身保険や養老保険、個人年金保険など貯蓄性の見られる保険の場合、減少の幅が大きくなる可能性が考えられます。

このように保険契約はどのようなことがあっても当初決められた期間はまっとうされると思って良いでしょう。しかし保険会社が倒産すると、契約条件は見直されてしまいます。ですから保険選びをする時には、保険会社の経営状況などもチェックしたうえで、長くお付き合いできそうなところを選ぶことです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top