老後の保険は生活と医療をバランスよく

年金プラスの備えを若い頃から

若い頃から老後の備えをするという考えは、素晴らしいものですが、実際に切実なものとして捉えている人は多くありません。しかし、年金などの社会保険制度を考えると、自分の老後を危ぶむ人もいます。若い頃から老後の備えとしてできることに、個人年金や養老保険があります。これらは貯蓄型の保険として保険料を積み立てて、一定の年齢になったら満期として保険金の支払いがされるというものです。分割してまるで年金のように支払われるタイプもあります。

また、終身年金として本人の死亡まで何回でも受取るタイプのものもあるため、自身に合ったプランを選択することが可能です。 こうした保険を活かして老後の生活のプランを立てることは、若い頃にしか始められません。どうなるかわからない将来に備えあれば憂いなしです。

老後の保険で必要なものは

老後は、年金と貯蓄中心の生活になります。年金での生活は苦しい場合もあり、生命保険や医療保険などをこれまで同様の形で維持することも難しくなるかもしれません。

しかし、老後は子どものための資金も必要ありませんし、多額な生命保険もいらなくなります。そのため、若い頃に入った保険の見直しが必要になる可能性もあるでしょう。

老後に重要となるのは医療です。体が衰えて病気やケガなどが増え、病院の利用も多くなります。入院をする回数も増えてくることが予想されます。こうした医療を安心して受けるために、医療分野の保障の大きい保険を選ぶことは重要です。

医療の充実と安心を

医療保険では、掛け捨てのものや終身保障、生命保険つきのものなどがあります。どういった保険を選ぶのがよいか、夫婦や家族構成なども加味した判断が必要となります。また、保険商品は次々と新しいものが出てきていますので、情報収集もきちんと行っていれば今よりも良い保険が見つかるかもしれないのです。

こうした必要な情報や判断を得るためのサービスとして、保険の総合代理店やフィナンシャルプランナーの利用が便利です。情報収集力もあり、プロの目から見た判断で老後の生活を適切に支える方法を見つけられるでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top