保険に加入するメリットとデメリットは?

いざという時のための保険

保険はもし自分の身に何か起きた時に保険金が給付されるシステムです。自分が病気した、最悪の場合死亡したとなると、家族のいる人なら残された家族が心配です。しかし保険金が賄われることで、家族も当面の生活資金を確保できます。貯金などで賄う方法もありますが、完全に貯金だけで家族の生活をフォローするのは難しいかもしれません。そのような時に保険があれば、いざという時でも安心です。

税金対策のメリット

保険に加入することで、節税効果が期待できるところにも注目です。保険は税制で優遇される傾向があります。預貯金をするよりも節税効果は高いと言われています。例えば保険料の支払い分は所得控除の対象になります。保険料の分は所得税が免除されるわけです。

保険に加入して満期や解約をしたときに、返戻金が発生したとします。この場合税処理上は一時所得の扱いになります。50万円の特別控除を差し引いて、半分にした額に対して課税されます。つまり50万円以上貰わないと、実質非課税になるわけです。

保険料の負担はデメリット

保険に加入するデメリットとしてしばしば紹介されているのが、保険料の負担です。若いころから保険に加入するとなると、人によっては30~40年保険料を払い込み続けることもあるかもしれません。このため、マイホームに続いて人生で2番目に高い買い物になると言われています。しかも保障を受ければ多少元が取れるかもしれませんが、掛け捨ての保険の場合けがや病気にかからないと保険料を支払い続けただけで無駄遣いをしたと思ってしまいがちです。

保険会社の提供する商品ですから、もしかすると今後保険会社が経営破たんする可能性もあります。銀行の場合ペイオフといって1000万円までの預金は補償されています。しかし保険にはこのような制度がないため、損害を被る可能性があります。保険会社を選ぶ際には、経営基盤のしっかりしている所で比較する必要もあるわけです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top