高齢化社会での支えとなる保険

高齢者時代の生命保険

日本は高齢化社会を迎えて、介護の必要な人を多く抱えています。公的な介護保険も整備されていますが、そのサービス内容とて万全ではありません。そのため、私たちは公的なサービスにプラスアルファとして民間の保険から介護保障や介護保険というサービスを付け加えるという選択肢を得ました。

公的な介護サービスは要介護の度合いに応じて定められています。その要介護のランクごとに合ったサービスを提供することが公的な介護保険の役割です。しかし、介護が必要になった人、家庭ではさまざまな部分で金銭的な負担も増えていきます。 歩行の補助に手すりをつけたり、介護用品などを購入したり、こうした現金の必要性を押さえたものが民間保険会社の介護保険、介護保障です。

要介護になった時の支えとして

要介護で必要となったサービスは、公的な介護保険で利用できます。しかし、自己負担となる金額もあります。全てのサービスを全て無料で受けられるわけではないのです。また、介護のランクが重くなるにつれて総費用は大きくなり、自己負担額も大きくなっていきます。

病気の治療は、いつか治って終わりが来ますが、介護に終わりはありません。いつまでもお金が掛かり続けることになります。そのため、本人だけでなく、家族などにとっても介護は大きな負担として生活にのしかかってくるのです。

若くても起こる要介護の事態

介護は老後の心配だけではありません。事故や病気などで障害を負った時にも必要になります。若くても、働き盛りでも、こうした事態は起こりえます。介護保険は40歳から利用できますが、いろいろな制限がありますし、要介護の認定が降りないこともあります。

しかし、民間の保険であれば、その条件は個々に設けられており、要介護認定の必要のない保険金支払いを約束しているものもあります。こうした詳しい決まりは個人で調べあげることは難しいため、自分の求めている条件を挙げて、乗合代理店などで調べてもらうと便利です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top