病気の時こそ保険が生きる時

病気になった時に保険を使う

病気になった時に心配なのは、先立つものです。治療によって病状が回復する過程で、医療費は馬鹿にならない出費です。また、長い療養が必要となったら、その間仕事ができず、収入が減ったりなくなったりします。こうした時の収入減と医療費をカバーするために、保険が役に立ちます。

病気になる前に加入していた保険を利用するには、難しい手続きは必要ありません。病気になって身動きが取れない時に、簡単に安心して保険を利用できるために、手続きの方法を前もって元気なうちから知っておきましょう。

医療保険は、日帰り入院から使えるものがたくさんあります。自分の入っている保険が利用できるものであったら、まずは保険会社に電話を入れます。コールセンターや営業マンなど関係部署であればどこでも対応してくれます。対応できなければ必要な連絡先を教えてくれます。 保険会社からは診断書のフォーマットを送ってくれるので、医師に記入してもらって送り返します。その他の記入が必要な書類も送ってくれます。それに記入して送り返します。必要書類は保険会社ごとに違い、診断書がいらない場合もあります。

病気になる前に加入

病気で保険を利用するには、その前に保険に入っておくことが必要です。健康だと思っていても、病気やケガ、事故などは待ったなしで襲います。予測のできないこうした事態に備えておくことがいざという時の助けになるでしょう。

さらに、医療保険には、いろいろな特約やがん保険などがあることも覚えておきましょう。自分の家系や心配な病気を少額ずつでもカバーしておくことが、病気の時に保険をムダにしないための工夫です。

病気になってから入れる保険

健康な時というのは、自分が病気になることなど考えにくいものです。そのため、病気になってから初めて、保険を意識することもあります。大きな病気をしてしまうと保険に入れないと思っている人もいますが、いくつかの保険では大きな病気をしたことがある人でも入れる保険があります。

給付の制限もありますが、今後の備えとして今からでも遅くはありません。数少ない商品になるため、乗合保険代理店などで幅広くさがしてもらうとよいでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top