危険な自転車事故には自転車保険で備える

危険と隣り合わせの自転車

自転車は気軽に乗れて便利なものですが、そばを走る自動車やバイクなどと接触したり、また歩行者に傷害を与えてしまったりする可能性も無視できない乗り物です。自転車に乗っている際の事故リスクは低いものではありません。そのような場合に備えることができるのが自転車保険です。

誰でも免許なく乗ることができる自転車であるだけに、事故リスクと隣り合わせであるという意識が比較的薄いものであることも否めません。また、保険加入の義務もないため、万が一のことが起こったときの備えは自分自身で行うしかないのです。

自転車保険とはどのようなものか

免許の取得や保険加入の義務がない分、自転車の乗車には自分自身の意識が必要となります。その一環としての自転車保険では、以下のような場合に補償が受けられる状況です。

・個人賠償が必要になる場合
自転車であっても、事故によって相手に傷害を与えてしまった場合、また相手方の乗り物もしくは周辺の物を破損してしまった場合、それぞれに賠償責任が生じます。こうした場合に自転車保険に加入しておけば、それぞれへの補償が可能です。

・自分自身が傷害を負った場合
自転車には当然ながら、自分の身をカバーする機能がありません。そのため、何らかの事故が起きた場合には自分が傷害を受けてしまうかもしれません。その危険性は無視できませんから、自転車保険での補償は安心できるはずです。

他の保険に特約としてついていることも

自転車保険単独で加入する場合のほかに、自動車保険をはじめとした各種損害保険の特約として、前述の自転車保険の補償内容とほぼ同じものが特約としてつけられる場合もあります。これから損害保険の加入を考えているのであれば、ぜひこの特約についても確認してみましょう。

また、すでに何らかの損害保険に加入している場合は、特約の内容について改めて確認しておくのがよいでしょう。加入している保険の特約で自転車保険に該当するものがすでについていれば安心ですし、特約をつけることができるなら改めてそのように契約内容を変更することが可能です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top