保険の割引制度を利用して保険料節約

リスクが少なければ割引に

保険に加入するにあたって、できるだけ保険料を安くしたいと思う人は多いはずです。保険料は毎月支払うのが一般的ですから、少しでも安ければその分家計の圧迫の度合いも軽減できるわけです。保険各社を見てみると、一定の条件をクリアしているようであれば、保険料割引が適用されます。もしこれから保険に加入しよう、見直そうと思っているのなら、割引に該当する項目がないか確認してみると良いでしょう。

保険料が割引になるのは、基本的に補償を受けるリスクの少ない人です。保険は加入者が保険料を出し合ってお金をプールします。そして保険金受け取りに該当する人が出てきたら、このプールの中から保険金をねん出するシステムです。誰もが公平に保険金を受け取れるようにしなければなりません。そこで補償を受けるリスクの高い人は保険料を高めに支払いますし、リスクの低い人は安い保険料が設定されるわけです。

主な割引を紹介

割引の中でもしばしばみられるのは、非喫煙者割引です。普段タバコを吸わない人は、医療保険の保険料が割引になる可能性が高いです。タバコは人体に悪影響を及ぼすことは広く知られています。このため、タバコを吸わない人は吸う人と比較して、入院・手術を受けるリスクは低いと推定されます。つまり医療保険の保険料を割り引きにしてもいいわけです。その他には火災保険も割引になる可能性が高いです。自宅の中でタバコを吸わなければ、火事になるリスクも軽減されるからです。

5年間無違反・無事故の方には、ゴールド免許と呼ばれる優良ドライバーの証が交付されます。このゴールド免許の保有者は、自動車保険の保険料が割引になります。ゴールド免許を持っている人は、事故を起こすリスクは極めて低いです。そこで従来の保険料よりも安くしても問題はないと判断されます。その他にも自動車免許の場合、エアバッグなどの安全装置が自動車についていると割引対象になりますから、該当する人は活用しましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top