病気やけがの際に保障される医療保険

治療が必要になったときの保険

生命保険のように、死亡もしくは高度障害など、生活に支障が出てしまうような事態に備えて保障を付ける保険に対して、病気やけが全般に際してその都度、保障を受けることができるのが医療保険です。医療機関にて治療が必要になった場合に受けられるものであるため、その種類にも多くのものがあり怪我をしてしまいがちな職業の方や、病気で会社を欠勤した際に保証をつけたい方へおすすめの保険です。

日本では、公的保険として全国民が健康保険への加入を義務付けられていますが、その他個人で加入する民間の医療保険もプラスすることで、さらに安心を得ることが目的。公的保険と民間保険を組み合わせることで、高額を要する治療を受ける際にもかなり負担を減らせることになるでしょう。

医療保険の種類

医療保険にはさまざまな病気やけが、または契約者の年齢や性別などに対応できるような種類があります。

・終身医療保険
病気やけがなどで治療が必要になったとき、一生涯にわたって保障が受けられる保険です。成人病をはじめとして加齢によるさまざまな疾病でも保障額を受け取ることができます。

・定期医療保険
契約期間があらかじめ決められた保険で、10年や20年などの短期や一定の年齢までといったように期間を設定することができます。その期間中だけ保障があればよい場合に適しています。

・引受基準緩和型・無選択型保険
通常の保険に加入する際の条件を緩和したのが引受基準緩和型保険です。また無選択型保険は医師の診断なしでも加入することができます。

特約でさまざまなケースに対応

医療保険は基本的にほとんどの傷病の治療に対応できるものですが、これにさらにがん保険などを特約としてつけると万が一のときにも安心です。また、通常の医療保険に女性保険の特約をつけるなどしておけば、より汎用性の高い保険内容へとすつことができより安心できるようになります。

将来どのような傷病を負うかを想定したり、自身の保証したいないようやその金額に応じて保険選びをしてみましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top