タイプ別に考えた保険の必要性

家族のための必要性

家族を持っていて、奥さんや子供を養っている方は、今は健康だから大丈夫と思っていても、その大丈夫な状態が数年、数十年続くことは誰も保証できません。しかも例えば通勤中に交通事故に巻き込まれて、大けがや最悪死亡する可能性も考えられます。

もしそうなった場合、残された家族の面倒を誰が見るかという問題が起こります。共働きであれば、パートナーに経済力があるからまかなえるかもしれません。しかし専業主婦であれば、いきなり仕事に出ろと言われても、パートなどの仕事が中心になるでしょうから稼げるお金にも限度があります。 子どもに安定した暮らしを望むのであれば、やはりそれなりの学歴をつける必要もあるでしょう。子ども1人を大学卒業させる前に2000万円程度かかるといいます。このようなことを考えると、自分に何かあった時に家族が当面暮らせるような保険金が準備されている方が安心でしょう。

独身でも油断はできない

独身で養うべき家族がいない人は保険が必要ないかというと、決してそうではありません。例えば病気やけがで入院・手術が必要になった場合、それなりのまとまった費用をねん出しないといけません。貯蓄で賄えるのであれば良いのですが、入院が長期化すれば賄いきれなくなる恐れもあります。

また、自動車やバイクを普段運転する人は、運転中いくら注意していても、交通事故を起こす危険性はハンドルを握っている限り拭えません。住宅や店舗に突っ込んで破壊してしまった、歩行者をはねて死亡事故になってしまったとなると、自賠責保険の補償をはるか超える賠償金請求されることも十分考えられます。

保険に加入していれば、治療費も賠償金も保険金で賄うことができます。月々保険料を支払うのは、家計的に痛いという人もいるかもしれません。しかし、将来の大きな損失に備えるための投資として、保険に加入しておくのは決して損なことではないはずなのです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top