危険の高い職業に就いている場合は要注意

保険の審査には職業も影響

保険加入に際しての審査は、持病や入院歴がある場合だけではなく、加入者の職業も対象になることがあります。これは、その職種が事故などで大きなけがを負ってしまうリスクが高い職業の方に適用されるものです。保険加入の直後に何らかの形で保障が必要になる可能性が高いためです。

保険会社によってその基準は異なりますが、こうした職業によっては持病がある場合と同じように保険加入が難しくなったり、また保険料がかなり引き上げられたりする場合があります。どのような職業が保険加入の対象外になるかは、加入を考えている保険会社に確認を取ることをおすすめしますが、加入の対象外になると考えられる主な職業は存在します。 ただし、全く加入ができないというわけではなく、保険料が割高になったり保障金の上限額が設定されていたりなどといった制限があることがほとんどです。

保険加入に制限がある職業とは

保険加入の際に契約が困難になる、または契約内容が制限される職業を以下に挙げます。これらの基準は保険会社によって異なるため、確認しておきましょう。

・死亡や大きなけがのリスクがある職業
その職種の内容によって、大きなけがを負ったり、また最悪の場合には死に至ったりするような可能性がある職業は、保険加入が難しくなります。例えばプロの格闘技選手やスタントマン、レーサーなどが挙げられます。

・大きな事故に巻き込まれる可能性がある職業
業務内容の中で、何らかの事故や災害に巻き込まれてしまう可能性がある職業は、場合によって保険加入の内容に制限が出ることがあります。消防士や高圧の電気設備もしくは劇物を取り扱う職業、またタクシー運転手なども該当します。

リスクを理解して適した方法を探す

このような危険を伴う職業に就いている方でも、将来のための備えはしておきたいものです。必ずしも加入できないということではなく、保険会社によって加入を断られる場合と制限付きで加入できる場合などがあるのです。保険会社によって設定された条件を把握し、よく検討するのがよいでしょう。

また、契約期間中に職業を変えた場合には、速やかに保険会社に告知することが必要となります。特に上記のような危険職業に転職した場合は、その時点で既存の保険の条件が変わることが考えられるため、そこが保険見直しの時期と考えてよいでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top