一生涯の保障が受けられる終身保険とは

保障が一生涯続く終身保険

いくつかある生命保険の種類の中で、死亡保険の一つに終身保険があります。これは、保障期間が一生涯続くタイプのものです。保険料の支払い期間は年単位、もしくは一定の年齢までなど設定がさまざまにあるため、ライフプランや負担を考えて選択が行えます。

基本的に、保険料は毎月一律の額であり、支払うと同時に積み立てられる形となるため、掛け捨てタイプではなく貯蓄性のある保険という点も特徴です。解約返戻金も発生し、保険料の積み立てと同時に返戻金の額も上がることとなります。

保険料の支払い方法

終身保険の保険料は、以下のようなものから選ぶことができます。保障期間が長期にわたるため、他の保険よりもその選択肢が広がっているのです。いずれの方法を採った場合でも、保障期間は一生涯であるため、どのタイミングでも必ず保障されるといえます。

・終身払い
死亡するときまで支払いを続ける方法です。一生涯にわたって保険料を積み立てる形ですので、その分、保障額が高いのが特徴です。

・有期払い
加入時から数えて10年や20年など、もしくは60歳になるまでなど、保険料の支払い期間が設定される方法です。この方法なら老後に支払う保険料の負担を軽減できます。

・一時払い
加入時の時点で、一定額をまとめて支払う方法です。経済的に余裕があるときに一括で保険料を支払うことで、後々の負担を考えずに済みます。

解約返戻金の設定で安心

終身保険の大きなメリットとして、解約返戻金の設定があることが挙げられます。一般的には、加入期間が長くなればなるほど返戻金の額も引き上げられ、保険料の支払いが終了した後でも発生します。タイプによっては、保険料の総額に対する返戻率を抑えることで、保険料の額を下げることができるタイプのものも存在します。

解約返戻金が発生することで、生前に解約して老後の資金や教育費などに充てることも可能となっているため、資産運用の方法としても活用できるのが終身保険です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top