大切なペットのためにペット保険の加入を

ペットのための保険

大切な家族の一員であるペットですが、病気やけがをした際に、ペット保険に入っておけば安心です。ペットにもしものことがあったとき、治療などにかかる費用を補償してくれるため急な出費にも対応が可能です。

私たちは健康保険に加入することで医療を受ける際には負担が軽くて済みますが、ペットに健康保険をかけることはできません。そのため、病気やけがをしてしまったときには治療費を全額負担しなければならなくなってしまいます。飼い主としては、突然の出費となってしまうところを、ペット保険はサポートしてくれます。

ペット保険の補償内容

ペットに何かあったときの補償を行ってくれるペット保険の補償内容で、主なものは下記のようなものです。

・ペットの種類
保険会社の商品によって、ペット保険に加入できるペットの種類が限定されていることがあります。飼われていることの多い犬や猫のみとするものもありますが、うさぎやハムスター、または蛇のようなペットに至るまでフォローしている場合もあります。

・手術や入院をサポート
ペットが病気やけがによって手術が必要になったり、または入院することになったりした場合、ペット保険で補償を受けられます。こうした治療費は思わぬ高額になってしまうことも多いですから、保険に入っておけば飼い主の負担が少なくするために保険を利用すると安心です。

・葬儀費用
万が一ペットが死亡してしまったときに、家族の一員ですから葬儀を行って手厚く供養したいもの。そうしたときにも葬儀費用をペット保険で賄うことができます。

賠償責任が生じたときにも

ペットの種類にもよりますが、種類によっては他人や物に損害を与えてしまうこともあるでしょう。こうしてペットによる他者への賠償責任が生じたときにもペット保険で補償されることがほとんどです。ペットが他者に与えてしまう損害は飼い主が賠償する他ありませんが、ペットの行動は予測できないことも多く、飼い主としては突然の出来事となります。

特に人に与えてしまった損害を賠償する場合、その額はにわかには支払えない高額になってしまうことも考えられます。こうした不測の事態にも、ペット保険が対応してくれるわけです。詳細な補償内容については保険会社ごとに異なりますから、内容を確認しながらペット保険を選びましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top