妊娠出産時には子どもと母体のための保険加入を

妊娠は人生の大きなステージ

妊娠、出産というのは、女性しかできないものですが、家族にとっても大きな影響のあるライフステージとなります。親としての責任が現実のものとなって、赤ちゃんを迎える喜びとともに今後の将来設計にも目を向けたくなります。

出産すると、子どもが成長するまでの約20年間、親は一定の収入と安定した生活を子どものために提供することになります。あまり考えたくないことですが、親にもしものことがあった時にも、残された子に不自由があってはいけません。そのため、両親ともに子どもの成長するまでの期間の保証として、生命保険への加入を考えます。子どもの年齢に合わせた保険金額を残せるような、段階的に保険料と保険金額の変わるタイプや出産前後から入ることのできる学資保険など、子どもの成長を第一に考えた保険もたくさんあります。

妊娠中に何かあった時に

妊娠中の女性の体は、大変繊細であり、胎児、母体ともに妊娠中から出産までには健康な人であっても一定のリスクがあるものです。妊娠、出産でのトラブルをカバーする保険も必要となることがあります。

初婚、初産の年齢が徐々に遅くなっている現代社会で、妊娠、出産(分娩)の時のリスクは高くなっております。帝王切開や異常分娩などは母体に大きな影響を与えます。また、通常の普通分娩よりも費用も高くなります。こうした分娩時のトラブルなどに特化した保険は、出産に不安を抱える妊婦さんとその家族に費用面の安心感を与えて、出産を後押ししてくれます。妊娠中は少しのストレスも体や胎児への負担になりますから、心配事はできるだけ減らしたいものです。

赤ちゃんのうちから保険を

学資保険は、子どもの成長とともに、進学などのタイミングでお祝い金などがあり、満期時には積み立てた保険金が運用されて大きくなって戻ってきます。年齢の低いうちから始めれば、月々の保険料は低く抑えられますし、入学前で学校の保険には入れない期間もケガなどのリスクも軽減できるはずです。子どもの頃はケガや病気が多くなりがち。そんな時のためにも学資保険が利用できることを覚えておくと便利でしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top