保険会社の安全性は格付けでチェックしよう

財務力で比較する

保険に加入するにあたって、自分にとって必要な保障が付いているかとか、保険料が安いかなどで比較している人は多いでしょう。確かにこのような視点で保険を比較することは大事です。しかし保険はいったん加入すると何十年もの長い付き合いになることも多いです。そこで将来にわたって安心して保障が受けられるように、保険会社の経営状態をしっかり確認することです。

もし保険会社が破たんをすれば、自分の保険が失効する恐れがあります。実際には保険会社が倒産しても、生命保険契約者保護機構があって、保険は別の保険会社に移行することがほとんどです。しかしこの時、今までの契約条件よりも悪くなってしまうことが多いです。そこで長きにあたって安心して加入できる保険を見つけましょう。

格付けの活用

では保険会社の経営状態を知るにはどのような方法があるでしょうか?そこで活用してほしい手法として、格付けがあります。第三者の専門的な機関が、保険会社の支払い能力などをベースにして個別に評価しています。その他にも財務内容や組織の沿革、事業内容など多角的に調査をして信用度を格付けしています。主要な格付け会社として、S&Pがあります。こちらの格付け記号をここで紹介しておきましょう。

最高がAAAでCCが最低ランクになります。その他にRといって債務履行能力に関して規制当局の監督下にあるとか、NRの格付けのない記号もあります。この格付けで見た場合、基準はBBです。BB以下の保険会社の場合、強みを超える不安定要因を有していると判断されていると思って下さい。BB以上の保険会社の中から、自分が加入すべき保険を探すのが無難といえます。

ソルベンシー・マージン比率のチェック

大災害などの想定外の事態が発生した際、どの程度の支払い能力があるかを数値化した「ソルベンシー・マージン比率」も経営状態を判断するのに重要な指標になります。ソルベンシー・マージン比率でチェックする場合、200%が目安になります。これ以上の数値であれば、まず安心して保険購入できると思って下さい。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top