同じ保障内容で保険料が異なる…その理由は?

リスクと保険料の関係

同じような保障内容で保険会社に見積りを出したところ、保険料が保険会社によって違ったという経験は見積りサービスを利用すれば誰でもあるはずです。これはなぜ起こるかというと、保険料の算出方法にあります。

保険料は個別に決められるものです。簡単に言えば、保険金を受け取るリスクの高い人は保険料が高くなります。 生命保険の場合、年齢が上になればなるほど死亡リスクが高まります。このため、保険料は高めの設定になります。 自動車保険だと、若い人の方が保険料は高めに設定されます。若い人の方がスピードを出した無茶な運転をする傾向があり、運転の経験もあまりないため事故リスクが高いからです。

リスクの算出方法は保険会社で異なる

このリスクの高い低いですが、保険会社で独自にデータベースを持っています。過去に保険金支払い事例のあったデータをすべて蓄積しています。そしてどのような人はリスクが高いのかを分析しています。

それぞれの保険会社で、自分たちの保険金支払い事例をベースにしてデータの蓄積をしているため、同じ個人でもリスクの度合いの判断は少しずつずれてきます。ですから同じ人が同じ保障内容で見積もりを取っても、保険会社によって保険料が違ってくるわけです。

複数の会社で見積もりを取ること

同じ商品内容であれば、少しでも安い価格で販売されている商品を購入したいのがほとんどの人の本音でしょう。そこで保険選びをする際には、保障内容を一緒にして、複数の保険会社に見積りをとることが大事です。

最近では主要な保険会社であれば、ホームページ上で必要な情報を入力すれば見積りが取れます。しかし複数の会社のホームページにアクセスして、見積もりを取るのは面倒と感じる人もいるでしょう。

その場合には一括見積りサイトを利用するのがおすすめです。保険料を決めるにあたって重要な情報を入力すれば、複数の業者から見積りがとれるため、効率的に比較ができます。無料で利用できますから、活用してみてください。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top