保険の契約前に再確認しておきたい事項

契約に必要なものはしっかり確認を

保険の契約に当たっては、その契約内容や条件、また提出する書類など、再確認しておきたいものがいくつかあります。また、後々のトラブルを回避するためにも契約内容や条件については、契約する前にきちんと確認しておかなければならないでしょう。必要な書類をそろえておかなければ、そもそも契約自体を行うことができなくなります。

その他、保険会社には重要事項の説明義務があり、契約者に対して十分な説明を行うべきと法律で定められています。契約者にとって場合によってはリスクになる事項に関しても保険会社からしっかりと説明を受け、契約者がそれを承諾した上で初めて契約成立となるわけです。 さらに、年齢や持病、また職業などによっては保険の加入ができない場合や保障されない場合が出てきますが、契約者には事実を伝える告知義務があります。

再確認しておきたい事項とは

保険契約について再確認しておきたい事項にはいくつかあります。主なものは以下のようになります。

・必要書類
保険の契約に臨むためには、契約者本人を確認するための書類が必要となります。有効となる書類には、運転免許証や健康保険証をはじめとしていくつかあります。このほかであれば住民票の写し、また年金手帳や住基カードの写し、母子手帳や外国人登録証の写しなども有効です。

・保険加入の条件
各種保険へ加入する際には、加入前の時点で保障リスクが高いと判断される場合には、保険へ加入できないケースがほとんどです。年齢制限や持病、また職業などについて、場合によっては契約できないケースもあるのです。こうした条件については、契約に進む前によく確認しておくべきでしょう。

その他確認しておきたいこと

上記の他に、契約内容の細かい部分もしっかり把握しておくことが求められます。契約期間や保険金の金額、またその支払い方法など、保険商品によってその設定はさまざまです。いざというときに安心して保障が受けられるようにしておくべきでしょう。また、配当金の有無や金額についても理解しておくことが大切です。

また、被保険者が何らかの事情で保険金請求ができない状況にある場合のために、指定代理請求制度と呼ばれるものがあります。この制度についての詳細は保険会社によって異なるため、もし被保険者に万が一のことがあったときのために、代理人となる方が知っておくべき内容と言えるでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top