保険会社の加入する保険・再保険

莫大な保険金が準備できない

保険会社は加入者から保険料の支払いを受けて、一定の金額をプールし補償の必要な人に保険金を支払います。しかし時として保険会社の想定を超えるような保険金が必要になることもあります。例えば、大震災のような大規模災害が起きたときには、多くの人が保険金請求をします。一度に多額の保険金を準備しろと言っても、保険会社の体力にも限度があります。最悪の場合、保険金支払いができなくて保険会社が破たん・倒産する可能性も十分に想定できます。そこで導入されたのが、再保険と呼ばれる制度です。

再保険とは、14世紀のイタリアの海上保険がルーツといわれています。保険会社が加入する保険のことで、別の保険会社も大災害などで保険金の莫大な請求が短期間で発生した場合に支払いをお願いする方法です。このように複数の保険会社が保険金に責任を持つことで、リスク分散ができるといったメリットも期待できます。

再保険会社が担当

再保険に関しては、再保険会社が担当します。再保険会社は、さらに別の保険会社と保険契約を結んで、再々保険する場合もあります。このようにいろいろな保険会社が連携して、莫大な保険金請求があっても対処できるように準備しています。日本には損害保険各社が共同で出資している再保険に特化した保険会社もあります。このような会社は従来の保険のように、一般の契約者は顧客にはしません。

再保険制度は、いろいろな種類の保険で採用されています。しかし生命保険よりは、一度に多額の保険請求が起きがちな損害保険の方でより多く利用されている傾向があります。ちなみに地震保険は再保険でリスクマネージメントを行っており、日本地震再保険という企業が再保険の担当をしています。日本地震再保険は、政府に保険料の一部を支払います。そして大きな地震が起きたときのために、政府が準備金をプールするシステムになります。国が結果的には再保険をする形をとっているため、どの保険会社から加入しても保障内容にも保険料にも違いがありません。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top