保険契約時に必要な書類にはどのようなものか

必要な書類をそろえて契約に臨む

保険の種類にはいろいろありますが、どの保険に加入するにも契約にはそろえておくべき書類がいくつかあります。契約者や被保険者について確認しておくべきことや、また保険加入の意思や支払いなどについて書類を取り交わしておく必要があるのです。

保険に加入するには審査があり、それを通過すれば加入できることになります。そのため、事前に確認しておくべき事項は細かくなり、そのために書類が必要となるわけです。

必要書類の種類は保険会社によって異なり、また保険の種類でも用意すべきものは変わります。それぞれに、どのような書類を用意すべきかを確認しておくことが大切です。ここでは、主に共通して必要となる書類について挙げていきます。

共通して必要となる書類

保険会社や保険の種類によって用意すべき書類に若干の違いはありますが、主に共通して重要となるのは下記のようなものです。

・本人確認書類
契約を行う本人であるかどうかの確認を行うためのものです。万が一契約者や被保険者に関係のない第三者が契約を行った場合、不正やトラブルのもととなってしまうためです。本人確認が行える書類としては、運転免許証や健康保険証、年金手帳や住基カードなど公的に発行されたものの写しとなります。

・告知書
保険の契約に関しては、被保険者の年齢や既往歴、また職業などについて保険会社に告知を行う義務があります。契約内容によっては、その条件で加入が認められないこともあるためです。この告知書によって保障が必要となるリスクが高いと判断されると契約ができないわけです。しかし、虚偽の報告をして契約してもすべての内容が無効になってしまうため、正確な申告が必要です。

その他必要になる書類

保険の種類や支払い方法などによって、さらに用意すべき書類が必要になるケースもあります。保険会社へ確認して、必要な書類を用意しましょう。契約の主となる申込書をはじめ、契約者が保険の内容を理解しているかを示す意向確認書、支払い方法について銀行振込もしくはクレジットカードなどの指定を行う依頼書などが挙げられます。

多くの保険会社では、資料の請求をした際にこれらの書類も一緒に送付されます。また、公式サイトからダウンロードできる場合もありますので、都合のよい方法で入手するとよいでしょう。必要な書類がすべてそろっているか、また記載内容に漏れや虚偽がないかなど、入念に確認して契約に臨みましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top