退職したら考える生命保険の位置づけ

退職したら変わる生命保険の役割

退職すると、社会保険も変わり、自分の保障に関する手続きがたくさんあります。その中で放置されがちなのは、個人で入っていた生命保険などです。生命保険は、働き盛りの時代を支えてくれた守りでしたが、定年退職に伴って引き続き同じ保障が必要ではなくなることもあります。

退職したことで、収入も変わります。多くの場合には給与収入よりも下がることとなり、退職金があったにせよ、これからの老後の蓄えとして残しておく必要もあります。また、生命保険で準備していた保障金額も必ずしもそんなに必要ではなくなります。自分が定年を迎えたということは子どもたちも着実に成長しているのですから。

退職と子どもたちの成長

定年退職の時期というのは、子育ても一段落に近づいていることが多くなります。多くの家庭では、働き盛りの20代後半から30代、40代くらいまでに子どもを持ちます。そしてその後20年ほどかけて、子育てしていきます。

つまり、多くの家庭では、定年退職の頃には子どもは高校や大学といったお金の掛かる教育を終えて、もはや自分たちで収入を得て生活していることもあります。すると、親自身は子どものための生活、教育費として働き盛りの頃のように高い保険金を準備する必要はなくなるのです。

退職後に保険を考える

退職後の保険は、子どもの成長に合わせた教育費の削減、自分の収入源などの条件によって現在のものから変えたほうがよいこともあります。今後のライフスタイルを見越した保険を選ぶことは、老後を安心して送るために重要です。保険料を下げて、保障を必要最低限に抑えてムダを減らします。

自分たちで考えることも必要ですが、アドバイスをもらうためにフィナンシャルプランナーや保険の総合代理店などで、これまでの保険を見直してもらうこともできます。中立な立場で、幅広く知識を持っているため、安心して老後の保険のアドバイスを受けられます。いくつもの保険会社を比較することもでき、新しい情報も得られるため、長く見直しをしなかった家庭でも安心です。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top