保険の見直しをするタイミング

ライフイベントの変化に伴う見直し

加入するときに入念に保険を比較して、自分にとってベストの保険に加入できたとします。しかし時間が経過すると、その保険が皆さんにとって必ずしもベストの選択肢ではない可能性が高いです。時間の経過とともにみなさんを取り巻く環境が変わってくるからです。そこでライフイベントに応じて保険の見直しをした方がいいでしょう。

まず重要なのは、家族の変化です。結婚したとか子供ができたとなると、守るべき家族ができます。自分に何かあった時に家族が路頭に迷うことのないように保険の内容を確認しましょう。子どもができれば、教育費もかかりますからなるべく手厚い保障内容にした方が安心です。逆に子供が就職して経済的に独立すれば、保障はそれほど手厚くする必要はありません。保障を軽くして保険料を安くし、自分の老後資金に充てた方がいいでしょう。

環境の変化も念頭に

人生を歩んでいると、環境が大きく変化することもあるでしょう。多くの人が経験することに、マイホームの購入があります。マイホームを購入するにあたって、住宅ローンからの融資を受ける人もいるでしょう。フラット35を除き民間の銀行の融資の場合、住宅ローンの借り入れをする前提として団体信用生命保険への加入が義務付けられます。もし返済途中で亡くなったとしても、保険金で残債が返済できます。このため、保険で住宅資金の保障をする必要がなくなるので見直しが必要でしょう。

また中にはそれまで会社勤めをしていた人が起業したり、自らのお店を持ったりということもあるでしょう。会社員から自営業・自由業になると、公的保障が手薄になります。そこで保険の保障内容を手厚くして、自分に何かあった場合に準備しておく必要があります。ちなみに個人事業主や経営者になった場合、保険料は必要経費として処理できます。このため、節税効果も期待できます。このように状況に応じた保険になるように見直しすることです。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top