保険の見直しが必要なとなるのはどのような人か

保険には見直しが必要な時期がある

何となく保険に加入し、その時点で安心してしまっている方も実は多くおられます。しかし、保険には時期やライフステージの変化などによってその都度適したものがあるのです。それらをこまめに見直すことは、保険においては大切なこととなります。

若いときに加入した保険をそのままにしていると、いざ必要になったときに思ったような保障を受けられないことも出てきます。特に新たに家族を持ったときやその家族の節目などにおいて、独身のときの保険のままでは不十分かもしれません。また、現在加入している保険の内容についてよく理解していないという場合も、改めて内容を見直して契約を考えるのが得策です。

保険の見直しが必要な人とは

今加入している保険を見直す必要がある場合とは、さまざまなタイミングで訪れます。以下のような方は見直しのチャンスです。

・ライフステージに変化があった方
人生において、ライフステージの変化は何度か訪れます。就職や結婚もそうですし、子供の誕生や就学、独立なども数えられるでしょう。その状況ごとに、必要になる保障は変わってくるのです。独身のときの保険の受取人を変更することもそうですし、保障が必要になる家族のことを考えると、おのずと保険の見直しの必要性が見えてきます。

・現在加入している保険への理解が浅い方
勧誘されるままに保険に加入してみたはいいものの、その内容を理解していないという方も多いのではないでしょうか。保険のことを考えたときに、自分が加入している保険の内容についてわからないことがある方も、見直しのチャンスであると言えます。今のライフスタイルや時代に合っていない保険であることも多いためです。

親の保険についても再考を

歳を重ねてくると、自分の親のことも考える必要が出てきます。親に万が一のことがあったとき、保険の内容については少なからず自分も関係してくるでしょう。親が保険に加入しているものの、その内容の見直しが行われていなければ。万が一のことがあったときの保障が不十分である場合もあるのです。

例えば、近年は医療が発達して寿命も延びています。そのため、死亡したときのことを考えるよりも、将来の医療費のことや介護のことに焦点を絞った方が有効になることもあるわけです。さらに、親の老後のことを考えて保険料の削減が望める場合もあります。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top