独身時代に保険入っておくべき?

元気な独身時代に保険は必要?

若くて健康、しかも責任を負ったり縛られたりする家族もいない独身時代。社会人になって、仕事も遊びも楽しくて、お給料は生活と遊びにめいっぱい使っているという人も多いでしょう。

そんな元気でお金もたくさんかかる独身時代に生命保険について考えることは、面倒に感じる方もいるはずです。しかし、保険というのは、元気な時に、もしも元気でなくなった時のために入るもの。ところが、どんな保険に入ればよいかわからないのも、若い独身者の特徴です。会社などに出入りする保険屋さんに勧められるままに、訳もわからずに入っているというかたもいるかもしれません。

高い保険はムダになる?

若くて家族のいない独身者にとって、保険はあまり縁のないものであるがゆえに、知識もないままに勧誘されるままに保険に入っていることはよくあります。あまり使う機会がない独身者に限って、高い生命保険などに入っているものです。

まずは、正しい保険の知識と自分に必要な保険の内容を知る必要があります。どこかの保険会社に偏ることなく知識を得られる乗合代理店ならば、幅広いラインナップから商品をさがしてくれるでしょう。会社などに来るような大手保険会社以外の商品の取り扱いなどもあれば、割安で自分にあったものを選ぶことができそうです。

転ばぬ先の保険

独身者でも、ある程度の備えは必要です。しかし、まだ家族のために残すお金は重要ではないといえます。生命保険の死亡保険金であれば、せいぜい自分の葬式代になる程度の金額を設定しておき、親兄弟などに迷惑のかからないようにしておくくらいで問題ありません。また、若いから保険料が安く済むからといって、手厚すぎる保障内容を選ぶ必要はありません。それは家族を持ってからでも遅くはないでしょう。

こういったことを考慮すると、生命保険よりも健康保険について考えてみる方が正しいかもしれません。病気やケガは誰にでも起こりえます。働けなくなったり入院で多額の医療費がかかったりした時などに困るのは、家庭を持っているかどうかにかかわらず同じ。社会保険もあるので、高額である必要はありませんが、入院をした場合などにかかる社会保険で賄えない分をカバーしておくと安心です。貯蓄にゆとりのない世代が多い独身者にとって、いざという時の出費を軽減する備えとなります。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top