期間限定の定期保険の特徴とは

保障される期間がある保険

生命保険の種類の中で、保障される期間が決められているものが定期保険です。これは、保障期間が10年や15年などのように短期か、また60歳までなど年齢で期間が決められています。期間が満期になったときや解約したときの返戻金は設定されておらず、いわゆる掛け捨てと呼ばれる形の保険です。

返戻金が発生しない分毎月の保険料が安く、期間内に受けられる保障が手厚いのが特徴で、その期間内に万が一のことがあったときに保障が必要という方が活用できるものと言えます。保険料は加入時の年齢によって変動しますが、契約時から期間満了時までは変わらないのが基本です。

定期保険の種類

死亡保険には、主に下記のような種類があります。

定期保険は保険会社によって内容が異なります。例としては、主に以下のようなものがあります。

・平準定期保険
平準定期保険とは、契約期間中の保険料がすべて一律になっているタイプの保険です。契約時に決定した保険料のまま満期を迎えることとなり、加入時の年齢が若ければその分安くなっているのが一般的です。ただし契約を更新する際には、その時の年齢を考慮した保険料に引き上げられます。

・収入保障保険
保障を受ける際に一括して一時金として受け取るのではなく、毎月の年金という形で分割して受け取ることができるものです。遺族に対して毎月の収入が保障される形となることから収入保障保険または家族収入保険などのように呼ばれます。ただし、保障の総額は年齢を追うごとに減少していきます。

さまざまな特約をつけられる

定期保険の主契約だけでなく、特約もつければさらに多機能な保険にすることができます。定期保険は基本的に保障期間中に死亡、もしくは重い障害をきたしたときに保障額を受け取れるものです。ここに入院や災害時などに対応したり、がんや成人病で長期の治療が必要になった際に保障されたりといった特約をつけることで、死亡や高度障害以外でも保証を受けることが可能になります。

また、期間中に病気やけがによって介護が必要な状態になったときなどには、以降の保険料が免除されたり生涯にわたって保障を受けられたりすることもあります。こうした特約を含めた保険内容を吟味することで、自身にピッタリの保険が見つけられるでしょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top